×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2月の日記1



2月14日(月曜、曇り)

バレンタインデーだったが、わん太は誰にもチョコをあげなかった。
あげるとしたら、竹馬の友のルークかラビーか、年下のタクかブラウンか。
あるいは黒ラブ仲間のクロゾウかボブか。(最近会っていない。)
ボーイフレンドは少ないと思っていたが、書き並べてみると意外と多いことに気がついた。(笑い)



下は11日(金曜日)に撮った写真です。

平和台球場跡で遊んだ。

 

キク、モコ、わん太                                 ブラウン、モコ、わん太

 

ポルカ、ブラウン、わん太                                         キク、わん太

   

ブルースとわん太                           ポルカ                                           モコ

 

わん太とブルースと影。影をみると、なかなか頑張ってプロレスをやっているのがわかる。
この日は朝が寒く、霜柱のせいか地面がぬれていてブラウンは真っ黒になってしまった。わん太も汚れたけれど、黒いので目立たないのであった。(笑い)


2月6日(日曜、曇り)
こうろ館横の芝生はちびっこラグビーの練習でふさがっていた。
平和台球場跡へ行くといたいた……。



ブラウンとビーが遊んでいるのを見て、わん太が駆け出した。
あとからルークもやってきた。



下は、わん太、ブラウン、ルークの3匹プロレス。ビーは1対1の取っ組み合いはするけれど3匹以上になると遠慮してしまう。遠くで単独行動をしていた。
 

ブラウンをやっつけるわん太。今なら参加できそう(?)と様子をうかがうルーク。(ルークは気がやさしいので、取っ組み合いは遠慮しながら参加する。足が速いのでかけっこではいつも先頭で引っ張る。足の遅いわん太は「見学」)

 

ルーク「ちょっとだけ、ブラウンにかんじゃおうかな。あ、わん太がひっくり返されちゃった」



ルーク「どうしようかなあ……。わん太がブラウンをひっくり返すまで、待ってよう」

   

わん太「こら、ルーク、ちゃんと加勢しないか」 ルーク「ごめんね、次は頑張るよ」



わん太「1対1でやりなおしだ。どうだ、ブラウン、まいったか」

先輩風を吹かせるわん太でした。
また、遊んでください。


2月5日(土曜、晴れ)
今朝の散歩は長かった。
こうろ館横の芝生に行くとアフロンがいた。

 

いつものようにプロレスごっこ。最近はアフロンがすっかり大きくなってわん太だけではなかなか手ごわい。
 

ブラウンが助太刀にやってきた。

 

アフロンは、フロレスごっこでは「やられ役」が大好き――というか、おおきいことがわかっているので、よく寝転んでくれる。



でも、いつまでも「やられ役」だけではない。
ブラウンに逆襲だ。(「おおっ」と驚いて見つめるバン。――バンはアフロンを追いかけて遊ぶのが大好き。)



しばらくすると新顔の「力丸」がやってきた。(ブラウンと力丸)



竹馬の友のルークもやってきた。(このころはアフロンは帰っていた。)



カメラの電池切れで写真はないが、このあとわん太は大濠公園→唐人町→福浜へ。
中学生が野球をやっていた。ボールが海に落ちた。わん太が泳いでいるのを見て、「ボール拾ってもらえませんか?」
「自分のボールじゃないと拾ってこないかもしれないよ」
ボールの近くに貝殻を投げてやる。ぽちゃん。水しぶき。わん太は、ボールに向かって泳ぎ始める。
「わー、すげえ」「すげえや」
中学生が大歓声。でも、逆効果。わん太はほめられているという感じではなく、叱られていると思ったのか、あと20センチくらいのところで引き返し始めた。
ボールは流されたまま。(その後、反対側の岸に流れ着いて、ボールは無事中学生に回収された。)



海から逆コースで平和台陸上競技場のところへ戻り、城内のバスどおりにそって帰ろうとすると、わん太が急に動かなくなった。リードを外すと一目散に走り出す。
ギューを見つけた。
ギューと一緒に平和台球場跡でしばらくプロレス。
そこへイタリアン・ハウンド(?)のクッキー。ビーグルのジョン。
そして旧友のビーもやってきた。

家を出たのが8時半過ぎ。帰り着いたのが午後1時過ぎだった。