×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


3月の日記1

3月6日(日曜、曇り)



一面の雪野原。平和台球場跡。――いました、いました。モモラ軍団。モモラ親分。ピピラ、アフロン。(区別がつかない?)
  わん太を取り囲むピピラとアフロン。
   
団結は厳しく、なかなか「シマ」を奪い取るのは難しい。

 
しかし、めげずにアフロンだけにはしっかりマウンティングして「親分」風を吹かせることをわすれないわん太だった。


こちらは新顔の「ハナ」。屋久犬というらしい。まだ70日。やんちゃだ。


 
.わん太がもらったおやつを、「ちょっとなめていい?」と近づくハナ。

 
 

舞鶴公園の梅。雪かと見まごう白梅ではなく、梅かと見まごう白雪――あ、紅梅だった……。

 ここは舞鶴公園。だれもいない。 わん太の前に道はない。わん.の後ろに道はできる。

ごろん、ごろん。


  平和台球場あとに戻ってきたら、タクがやってきた。 何がある?
   ねえ、何がある?
これらゴン。


 
しきりに、わん太にモーションをかけるゴン。わん太は、年上の柴(ゴン4歳)には大もてだ。